浜松に密着した山内鍼灸接骨院 > お悩みの症状は? > 五十肩・四十肩

五十肩・四十肩

「肩が痛い」「腕・肩が上がらない」・・・脱臼やリウマチなど外的な要因とは関係なく肩に激しい痛みを訴える四十肩・五十肩。ひどくなると何気ない寝返りひとつで激痛がはしり睡眠が妨げられることもあります。名前の示すとおり40~60歳代の中高年の多くの方が苦しむ四十肩・五十肩。痛みが動きを億劫にさせ、より肩周りの動きを鈍くさせるという悪循環の治療は早ければはやいほど効果的です。

五十肩・四十肩の原因

五十肩・四十肩

四十肩・五十肩にははっきりとした原因がまだ発見されていません。
ただ一般的な肩こりのような筋肉の血行不良から起因するものではなく、肩の関節とその周辺の筋肉や靭帯、関節などが炎症を起こしている状態が痛みを生み出しております。

主に老化が肩関節とその周辺組織の炎症となる原因と言われていますが、この事からあえて診断名をつけるとしたら「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

大体の場合が関節周囲炎=四十・五十肩とも言われてますが、同じような炎症でそれ以外の
肩の不具合もありますので安易に自分で決めつけずに必ず診療を受けましょう。

 

四十肩・五十肩の急性期と慢性期について

四十肩・五十肩は「急性期」と「慢性期」の2つに症状が区別され、それぞれに対する治療方法は異なります。
どちらの治療とも完治後の運動障害を残さないことを念頭にしており、それにはやはり治療の開始時期が早ければはやいほど効果が期待されます。

急性期
肩関節の炎症がもっとも強く、それに伴い痛みも激しい状態にあります。
この時期が肩をはじめとした身体の運動制限が強く、治療方法としては徹底した「安静」と「患部の冷却」が中心となります。
無理をさせずに肩の炎症が落ち着くまで安静させることが目的となります。




慢性期
炎症の痛みも収まりだし、痛みも鈍くなり始めた状態にあります。
この時期からの治療アプローチは痛みから少しだけ解放され始めた肩周りのリハビリのようなものになってきます。
主に肩を「温める(冷やさない)」、「運動」事がメインとなります。

 

 

 

四十肩・五十肩の完治後に「腕が上げられなくなった」などの肩周りの動きに制限(障害)が残る危険性があります。これは炎症の痛みからつい肩をそのままにしておくことで筋肉がもとの状態とずれて固まったり、関節内外の癒着が進んでしまう事が原因となっています。
これらの時期は患者様の症状にあわせて私どものような専門的な見地から見極めていくことになります。

五十肩・四十肩の治療方法

当院では四十肩・五十肩の「急性期」、「慢性期」に合わせて適切かつ専門的な診療体制で患者様にあたります。

特に炎症が落ち着きはじめた慢性期での治療は「電気・温熱治療」、「整体・鍼灸」、「ストレッチ」など適切な治療方法を症状に合わせて行います。
肩そのものが持っていた健康状態へ戻すための血行調整からはじまり、肩周辺の筋骨格のバランスを整えながら、無理なくストレッチで肩関節の可動域回復を促します。

普段の痛みを感じない施術でも炎症を起こしている肩には刺激がある場合がございますので、いずれも本人の調子に合わせてケアをしていきます。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
053-482-9133
静岡県浜松市中区高丘北2丁目8-8
●東名高速「浜松西」より車3分
●JR「浜松駅」より車20分
(浜松信用金庫高丘支店隣り/葵高丘交番向い)
★駐車場完備
山内鍼灸接骨院 高丘院の地図
24時間LINE予約受付中
Copyright(c) 2011-2015 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.