浜松に密着した山内鍼灸接骨院 > お悩みの症状は? > ぎっくり腰

ぎっくり腰

日常生活での注意

ぎっくり腰を発症して、48時間は安静とアイシングが基本です。
お風呂や温める行為は禁止です。寝方もうつ伏で寝るのは大変なので横向きが基本となります。

また、慢性期に入ってきたら腰部を温めて安静が基本でしょう。
痛みが強いうちは、腹筋強化運動は禁止です。

山内鍼灸接骨院のぎっくり腰治療の特徴

ぎっくり腰

妊婦(マタニティ)の方のぎっくり腰治療や、お子様連れでの治療もできます。

急性期

(受傷48時間以内)はアイシングとEXE治療、はり治療、矯正

慢性期

(48時間経過後)は、EXE治療、マッサージ、慢性矯正治療

妊娠中の方

腰やお腹に負担をかけない経絡整体

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


院長 山内 啓至

本記事の文責山内鍼灸接骨院

院長 山内 啓至

・厚生労働大臣認定 鍼灸師免許(鍼灸学士)
・厚生労働大臣認定 柔道整復師免許
・日本鍼灸師会会員・静岡県鍼灸師会会員
・厚生労働省認可 NPO法人 全国柔整鍼灸協同組合会員
・一般社団法人 日本小児はり学会会員

浜松の山内鍼灸接骨院のご案内

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
24時間LINE予約受付中
Copyright(c) 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.