浜松の山内鍼灸接骨院【公式HP】 > お悩みの症状は? > 仮性近視・近視・遠視

仮性近視・近視・遠視

仮性近視・近視・遠視の原因

仮性近視・近視・遠視

目はモノを見るときに網膜に正しく実像が映るように目の中の筋肉である毛様体筋を働かせます。これによりレンズの役割を果たす水晶体の屈折が調整されます。
この働きを「調整力」と呼び、視力を語る上では欠かせない要とされています。

主に近くを見る時だけに使われている調整力は遠くのものを見るときにも遠視を補正しようと働きます。この調整力への過剰な負担が眼精疲労の原因となります。

脊椎の歪みからくる仮性近視・近視・遠視

眼球の調整力の回復には酸素と栄養が十分に行き渡る事が大前提です。
そして血流循環こそがその要となるわけですが、もう一つ重要なポイントがあります。
それは頚椎と自律神経の関係です。自律神経は脊椎を通っているわけですが、この部分に歪みが生じると眼球にも思わぬ影響を及ぼします。

その箇所こそが毛様体筋より内側にある毛様小帯(チン氏帯)といわれる水晶体を支える細い筋繊維です。
毛様小帯(チン氏帯)は水晶体の厚みを調整してレンズを支える張力を保っているわけですが、自律神経により支配されております。
当然、自律神経へのストレスを受けて視力維持の作用にも悪く影響します。
背骨と頚椎の矯正もマクロな視点で見ると視力回復に大きくつながるかもしれません。

仮性近視・近視・遠視の治療方法

当院では施術前の視力検査をもとにカウンセリングを行い、患者様の視力回復にもっとも適切な治療方法を探ります。施術後には視力検査を実施して施術の効果の確認を行います。

治療方法はいずれも眼球周りの血流循環の改善により眼球への酸素・栄養の供給を
活性化させて、ストレスに圧迫されていた眼球の調整力の快復を促すものとなります。

(詳しくは『視力回復』ページで)

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


当院浜松の山内鍼灸接骨院へのお問い合わせ・ご相談

お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきます 当院では、お一人ひとり丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。 どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、お待たせいたしません。
また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、あわせてご利用くださいませ。


電話番号053-476-9371 メールでのお問い合わせはコチラ
院長 山内 啓至

本記事の文責山内鍼灸接骨院

院長 山内 啓至

・厚生労働大臣認定 鍼灸師免許(鍼灸学士)
・厚生労働大臣認定 柔道整復師免許
・日本鍼灸師会会員・静岡県鍼灸師会会員
・厚生労働省認可 NPO法人 全国柔整鍼灸協同組合会員
・一般社団法人 日本小児はり学会会員

浜松の山内鍼灸接骨院のご案内

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
24時間LINE予約受付中
Copyright(c) 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.