浜松に密着した山内鍼灸接骨院 > お悩みの症状は? > スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害の原因

スポーツ障害

医学ではスポーツ障害全般を「使いすぎ症候群(オーバーユース)」
と言います。主にスポーツをすることにより一定の身体の部位に、負担がかかり続けて起きてしまう障害を指します。

大体の場合は、過度な筋肉の伸縮とねじれ、骨での衝撃吸収により、身体に負荷が蓄積され、症状となって現れます。
プロ・アマを問わず、大人から子供にまで関係なく起こる障害であり、スポーツへの行き過ぎた取り組み方が原因となる事が多いようです。

スポーツにより様々な症例が見られますが部位としては「首」「肘」「肩」「腰」「膝」「脚」に集中しており、これらの症例は大きく「外傷」と「障害」に分ける事ができます。

・外傷
捻挫、脱臼、骨折、腱断裂、肉離れなど、急激な外力が身体に加わることにより生じる身体的損傷です。

障害
野球肘、テニス肘、腰痛、むちうち症など、特定の身体の部所にある軟部組織が損傷して、動作に制限されてしまうものです。
関節そのものに障害が残る、関節付近の筋肉に血行障害が残るといった症状があげられます。

あやまった精神論がスポーツ障害をおこす

スポーツは、上達することが何よりの醍醐味です。上達には、練習量を重ねて身体を鍛えていくことが重要ですが、なるべくならスポーツ障害を引き起こしてしまうような、練習は控えたほうが良いでしょう。

特に当院では、「野球肘」「テニス肘」の症状を患った患者様が、よくいらっしゃいますが、この症例は、成長期の小中学生を中心に起こりやすいスポーツ障害ともいえます。

スポーツの上達において、運動量を多くこなす練習もありますが、スポーツ障害を「乗り越えるべき壁」と思わずに、「避けるべき壁」として上達に励んでください。

スポーツ障害の治療方法

当院では、「整体・マッサージ」「鍼灸」「テーピング」などを駆使して患者様の症状にあわせながら治療します。

大体の場合、筋肉の血行障害や、何らかの力が加わり痛めている状態によってスポーツ障害を起こしているようです。そのため、筋肉の状態を改善する治療を中心に症状にあった治療法を決めます。

また、症状によりますがスポーツ障害の治療には「安静」を第一とするケースもございます。
回復に合わせて運動復帰をしながら、治療をつづける方法もありますが、いずれも患者様の症状を正確に把握したうえで判断いたします。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


当院浜松の山内鍼灸接骨院へのお問い合わせ・ご相談

お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきます 当院では、お一人ひとり丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。 どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、お待たせいたしません。
また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、あわせてご利用くださいませ。


電話番号053-476-9371 電話番号053-482-9133 メールでのお問い合わせはコチラ

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
053-482-9133
静岡県浜松市中区高丘北2丁目8-8
●東名高速「浜松西」より車3分
●JR「浜松駅」より車20分
(浜松信用金庫高丘支店隣り/葵高丘交番向い)
★駐車場完備
山内鍼灸接骨院 高丘院の地図
Copyright(c) 2011-2015 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.