浜松に密着した山内鍼灸接骨院 > お悩みの症状は? > 目の疲れ

目の疲れ

目の疲れの原因

目の疲れ

眼を酷使した生活環境に長時間いることで、レンズの役割を果たしている水晶体のピント調節をする毛様体筋に、ストレスが生じてきます。

この過程には、目の酷使が目の周りの筋肉の過緊張が、原因となって血流に障害が生じる事にあります。血流の障害は、慢性的な目の周りのコリを作り、また眼球へ運び込む酸素量に不足が生じ始めます。

視覚のストレスは精神的にもダイレクトに影響します。そのため頭痛や目まいなどを覚えるだけではなく、体全体の筋肉の緊張を併発させ胃痛や食欲不振といった身体面での不調にまで発展する場合があります。

やってはいけない!頭痛のときの「こめかみ」マッサージ

「目の疲れ」(眼精疲労)は、目の周りの血流障害と酸素不足による、眼球内の毛様体のストレスだけとは限りません。

普段は、意識すらしたことない存在ですが、眼球自体をを収めている頭蓋骨のくぼみの部分には、「蝶形骨」といわれる眼球の受け皿のような役割を果たす骨があります。

ちょうど、こめかみ部分がその骨の両端部分となります。

一見、まるまる一つの単体に見える頭蓋骨ですが、実を言うと20個以上の骨で構成されており、鼻骨から顎骨、頬骨などの表層的な骨に囲まれた内側に蝶形骨はあります。
この蝶形骨の位置が顔面の筋肉のたるみや、コリにより歪みが生じると眼球の位置にも差異が生じてしまいます。
その結果、眼球は左右均一の大きさを保てなくなったり、ストレスがどちらかに掛かり、ひどい場合は頭痛にまで発展します。

頭痛が辛くなると、つい「こめかみ」をマッサージをすればと考えがちですが、蝶形骨はこめかみ部分にまで伸びています。
変な触りかたをすると、それこと蝶形骨を歪めてしまう原因になりかねません。
眼精疲労からくる頭痛に悩まされている方は専門のマッサージをお勧めいたします。

目の疲れの治療方法

当院は、アイケアに特化した眼精疲労回復コースを展開しております。
頭部への「マッサージ」と「温熱療法」などを駆使して、目の周りの筋肉のコリをほぐし、血流障害を改善します。

専門的な経絡や骨格と筋肉への知識と技術をもとに、ピンポイントにコリにアプローチしていきます。

(詳しくは『眼精疲労回復コース』ページで)

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


当院浜松の山内鍼灸接骨院へのお問い合わせ・ご相談

お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきます 当院では、お一人ひとり丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。 どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、お待たせいたしません。
また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、あわせてご利用くださいませ。


電話番号053-476-9371 電話番号053-482-9133 メールでのお問い合わせはコチラ

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
053-482-9133
静岡県浜松市中区高丘北2丁目8-8
●東名高速「浜松西」より車3分
●JR「浜松駅」より車20分
(浜松信用金庫高丘支店隣り/葵高丘交番向い)
★駐車場完備
山内鍼灸接骨院 高丘院の地図
Copyright(c) 2011-2015 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.