浜松の山内鍼灸接骨院【公式HP】 > お悩みの症状は? > テニス肘

テニス肘

テニス肘の原因

テニス肘

テニス肘により痛む原因は、単純に「肘の使い過ぎ」ですが、プレーヤーの腕の筋力と練習量とのバランスが関係しててきます。

プレーヤーの持っている筋力を超えた練習をすると、肘に負担がかかり痛みとなります。例えば、中学生位の選手が高校のテニスの強い部活に交じって練習などをすると、まだ骨格と筋力が足りないためにテニス肘を発生する確率があるでしょう。

また、部活で同じ練習をしていても痛くなる生徒さんと痛くならない生徒さんもいますが、これは筋力の差や打ち方のフォームやタイミングでも起こり複合的な要素も持っているからです。

テニス肘の改善方法

ご自宅で出来るテニス肘の解消法

テニス肘になる方には特徴があります。その最大の特徴は、痛くても練習を休めない環境の選手が多いでしょう。

例えば、「大事な試合が控えていて練習を休めない」「新入生で練習量が以前よりも多くて休めない」という事が多くありませんか?
この最大の自宅解消法は「肘を使う練習量を減らすこと」でしょう。勿論、走り込みとか肘を使わない練習に切り替えるのも手段でしょう。また、練習や試合が終わった後は冷却材などを使用しアイシングを行ってください。5~10分を2クール程度が良いでしょう。

また、日常的な慢性的な痛みに関しては冷やさないようにサポーターなどを活用するのもよいでしょう。前記のように、試合前など無理をしてでも出場する場合はテーピングをすると良いでしょう。

テニス肘の治療方法


当院ならではのテニス肘治療

テニス肘の治療は、痛みの程度や痛みの場所により治療法が変わります。


一般的に言われるテニス肘は、上腕骨外側上顆炎といわれテニスのバックハンドなどが多い場合は肘の外側を中心としたプローブEXE治療やハリ治療、マッサージ治療などを中心的に行います。


また、フォアハンドが多い場合は上腕骨内側上顆炎といい肘の内側が痛みやすくテーピングやEXE治療、マッサージ治療が良いでしょう。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


当院浜松の山内鍼灸接骨院へのお問い合わせ・ご相談

お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきます 当院では、お一人ひとり丁寧に問診し、的確な施術を行うべく、しっかりとアドバイスいたします。 どんなご質問でも親切丁寧にお答えしますので、安心してお電話ください!
お電話でのご予約・お問い合せなら、すぐに対応させていただきますので、お待たせいたしません。
また受付時間外など、メールフォームでも受付けておりますので、あわせてご利用くださいませ。


電話番号053-476-9371 メールでのお問い合わせはコチラ
院長 山内 啓至

本記事の文責山内鍼灸接骨院

院長 山内 啓至

・厚生労働大臣認定 鍼灸師免許(鍼灸学士)
・厚生労働大臣認定 柔道整復師免許
・日本鍼灸師会会員・静岡県鍼灸師会会員
・厚生労働省認可 NPO法人 全国柔整鍼灸協同組合会員
・一般社団法人 日本小児はり学会会員

浜松の山内鍼灸接骨院のご案内

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
24時間LINE予約受付中
Copyright(c) 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.