浜松の山内鍼灸接骨院【公式HP】 > Q&A - よくある質問と回答 > テニス肘(上腕骨内側上顆炎)ってなあに?

テニス肘(上腕骨内側上顆炎)ってなあに?

テニス肘はテニス選手をしている選手に当然のように起こる障害です。正式には、テニス肘を上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつがないそくじょうかえん)といい、肘の外側のでっぱり部分が過度な練習などにより負担がかかり炎症をおこしてしまう疾患です。

教科書的には、上腕骨内側上顆炎=テニス肘といってますが 選手の打ち方の癖や練習方法や技術レベル(初心者なのか上級者なのか?)によって肘でも痛む場所が違うのです。

例えば、テニス初心者(ちなみに、ラケット・ゴルフクラブ・バットといったボールを打つもの全部そうです)やバックハンドの練習のし過ぎは、肘の上腕骨内側上顆と言われる肘の内側の出っ張り部分が痛くなります。

また、中上級者になってくるとフォアハンドやサーブの練習のし過ぎで、肘の上腕骨外側上顆と言われる肘外側の出っ張りや肘後ろ部分に炎症が起こり痛みが起こります。

症状は疼痛や熱感、手のひらを握ると肘の痛みが強くなる、手の関節を甲側にそらせると痛みが増す、物を握ったり、雑巾を絞ったりすると肘部の痛みが強くなるなどが一般的です。勿論、述べた症状がすべて出るのではなく、1つしか当てはまらない場合もあります。まずは、お電話やメールまたは、直接山内鍼灸接骨院に来院してください。

静岡県浜松市中区上島1-14-23(浜信上島支店向かい)     電話番号 053(476)9371

受付時間 平日10~12時 15~21時 土曜10~12時 14~16時     休み 日曜祝日  水曜の午後

山内鍼灸接骨院

 

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


院長 山内 啓至

本記事の文責山内鍼灸接骨院

院長 山内 啓至

・厚生労働大臣認定 鍼灸師免許(鍼灸学士)
・厚生労働大臣認定 柔道整復師免許
・日本鍼灸師会会員・静岡県鍼灸師会会員
・厚生労働省認可 NPO法人 全国柔整鍼灸協同組合会員
・一般社団法人 日本小児はり学会会員

浜松の山内鍼灸接骨院のご案内

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
24時間LINE予約受付中
Copyright(c) 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.