浜松に密着した山内鍼灸接骨院 > スタッフブログ > 腰痛の一般的な症状

腰痛の一般的な症状

腰痛にはさまざまな症状があります。 例えば、腰部ヘルニアという診断名でも100名の患者様

がいたら100通りのパターンがあります。 このように、診断名でも50程度はあります。

例えば、運動のやり過ぎや仕事で腰に負荷がかかる・加齢などで症状は強くなります。

本来、腰痛は人間が二足歩行を始めた地点から腰痛の歴史が始まったといわれています。

①運動のやり過ぎでは、腰部椎間板ヘルニアや脊椎分離症・脊椎辷り症・筋筋膜性腰痛と

 いった腰痛の種類が多く出やすいでしょう。

 腰部ヘルニアの場合は、腰の第4/5腰椎傍らといわれる腰の中でも一番下の部分が痛み易く、

 筋肉の張り感、お尻や足方向へのしびれや違和感等があります。

 脊椎分離症は腰の骨の骨折です。慢性的な疼痛が続くでしょう

②加齢による腰痛には、腰の骨と骨の間にある椎間板が薄くなり周囲にある神経を刺激してしまう

 腰部椎間板症といわれるものや骨粗しょう症といわれるものが代表的です。

 椎間板症は、腰部椎間板ヘルニアと類似性のある症状が出現します。

 例えば腰痛や足や臀部のシビレや痛み感、時によっては坐骨神経痛も伴うことも多いでしょう。

 また、よく耳にする骨粗しょう症は、全身性のもので骨のカルシウムや血液中のビタミンDが減

   るために発生する加齢現象で獏前的な腰痛があるでしょう。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
053-482-9133
静岡県浜松市中区高丘北2丁目8-8
●東名高速「浜松西」より車3分
●JR「浜松駅」より車20分
(浜松信用金庫高丘支店隣り/葵高丘交番向い)
★駐車場完備
山内鍼灸接骨院 高丘院の地図
Copyright(c) 2011-2015 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.