浜松に密着した山内鍼灸接骨院 > スタッフブログ > 肩こりの原因って知ってますか?

肩こりの原因って知ってますか?

「肩こり」とは主に、後頭部から肩にいたる部分にある筋肉が異常に緊張

することによって起こる違和感や痛みなどの症状と言えます。

私たちは、歩きすぎた時には脚の筋肉が疲れ、また腕や指先に力の入る作業を長く行うと、

腕の筋肉が疲れたり張ったりすることがあります。肩こりの症状は、腕や脚で起こる症状に似ているかも知れません。

そのせいか、「肩こりはひどいけど、病院にいきほどでは・・・」と考える人もいらっしゃることでしょう。でも、

実はその肩こりの裏に、別の病気が隠れているかもしれません。

 

肩こりの症状は、首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて張った、

凝った、痛いなどの感じがし、頭痛や吐き気を伴うことがあります。

肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首のうしろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心になります。

 肩こりの原因はいろいろあります。筋肉の疲れ、寒さ、悪い姿勢・一定の姿勢、などです。

 

筋肉の疲れ

 肩こりは人間が立って歩き始めたことが原因といわれます。3~4キロもの重い頭を首から肩の筋肉で支えるから、筋肉が疲れてしまいます。

 

寒さ

冬の寒い時期は、運動不足や縮こまった姿勢をとりがちで、血液の流れが悪くなります。

 

悪い姿勢・一定の姿勢

 読書、パソコン作業など前かがみの姿勢は頭の重さを最も受けやすく、同じ姿勢をとりながら指を

動かす作業は、肩周囲の筋肉を常に緊張させ続けます。

 

肩こりは日常から予防できます。日常生活のなかに軽い運動を取り入れましょう。同じ姿勢を長時間続けると肩の血流が悪くなり、

肩がこってしまいます。仕事や家事の合間に、簡単で短時間でできるストレッチや体操などを取り入れるのも有効です。

 

座ったままできるストレッチ

 両手を組んで息をふーっと吐きながら上に伸ばすこと。いわゆる「のび」です。このときのポイントは、

上に伸ばした腕を、耳の位置より少し後ろへ反らすこと。これで肩甲骨の周辺に良い刺激が与えられます。

なお、腕を反らしているつもりで腰を反らしてしまってはダメです。肩から上だけを反らすようにしましょう。

 

当院では、矯正法、深部筋肉改善法、牽引法、マッサージ法、はり・灸療法などで治療を行います。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。


山内鍼灸接骨院のご案内

上島本院

山内鍼灸接骨院053-476-9371
静岡県浜松市中区上島1-14-23
●遠州鉄道鉄道線「遠州上島駅」より徒歩3分
●JR「浜北駅」より車15分
●「佐鳴台」より車25分
●「磐田見附」より車15分
(二俣街道沿い/浜松信用金庫上島支店向い)
★駐車場17台完備
山内鍼灸接骨院 上島本院の地図
24時間LINE予約受付中

高丘院

053-482-9133
静岡県浜松市中区高丘北2丁目8-8
●東名高速「浜松西」より車3分
●JR「浜松駅」より車20分
(浜松信用金庫高丘支店隣り/葵高丘交番向い)
★駐車場完備
山内鍼灸接骨院 高丘院の地図
24時間LINE予約受付中
Copyright(c) 2011-2015 浜松の山内鍼灸接骨院. All Rights Reserved.